物見遊山

見て知り、気ままに学ぶ。そんな日々を大切にしたい

「カカオポリフェノール」の効果は?生活習慣病の改善と記憶力向上に役立つ!

 

どうも、おつゆです。

 

普段あまりチョコレートを食べませんが、なぜか今日は食べたくなって購入しました。

 

しかも、いつもは甘々なチョコレートしか買ったことがない私が、今日はカカオ72%のチョコレート。

 

f:id:otsuyu25:20180925203346j:image

 

直感で「疲れた身体に効きそう!(゚∀゚ )」と思って購入したわけですが、実際どのくらい身体に良いかいまいち分かりません。

 

そこで、この機会に調べてみることにしました!(゚Д゚)

 

 

 

「カカオポリフェノール」の効果

f:id:otsuyu25:20180925204454j:plain

 

カカオに含まれている「カカオポリフェノール」は、健康維持に効果があるとして近年期待が高まっています。

 

 

血圧を下げる効果

例えば、血圧を下げる効果です。

 

カカオポリフェノールには「血管を広げる効果」があるため、血液の詰まり血管が細くなることで赤血球の流れが悪くなることを防止します。

 

これと関連して、生活習慣病である心疾患や脳卒中といった動脈硬化が原因で起きる病気を改善する効果もあります。

 

動脈硬化は、LDL(悪玉)コレステロールが酸化したことで動脈に悪影響を与えますが、カカオポリフェノールは酸化を防ぐ効果があると言われています。そして、血液をサラサラにして血管をしなやかにしてくれます。

 

 

 

 

記憶力を向上させる

カカオポリフェノールには、記憶力や学習能力を向上させる効果があります。

 

脳の栄養素であるBDNFは加齢とともに減少していきますが、カカオポリフェノールを摂取することで減少を抑えて増やすことができると言われています。

 

カカオポリフェノールを摂取する以外に、適度な運動をすることでBDNFを増やすことができますが、忙しい社会人は毎日運動をする時間と余裕がありません。

 

チョコレートは気軽に摂取することができるため、忙しい社会人には最適です。

 

 

美容効果

吸った酸素のうち、数%が活性酸素に変化をして身体や肌にダメージを与えます。

 

カカオポリフェノールには、その活性酸素を抑止する栄養素が含まれています。また、皮膚の角層水分量の低下を防いだり、紫外線から皮膚を守る働きがあります。

 

 

最後に

f:id:otsuyu25:20180924205930j:plain

 

 

私が購入したチョコのパッケージには「カカオ72%!ポリフェノール1,016mg!」と記載されていますが、具体的な効果が分からなかったため調べることにしました。

 

その結果、チョコレートの意外な効果を知ることができ、本当によかったです。

 

私は健康診断の結果で「LDLコレステロールが高い」という結果だけでなく、「脂質異常症の疑いがある」とまで言われています。

 

これから仕事のお供にチョコレートを食べたいと思います!

 

では_(:3」∠)_