物見遊山

見て知り、気ままに学ぶ。そんな日々を大切にしたい

結局初心者はどの投資信託を買えばいいの? ノーロードの2つのファンドでリスク分散していくよ

 

どうも、おつゆです。

 

前回の記事で「投資信託をやめました!」という記事を書きましたが…。

 

再開することにしました!(゚Д゚)

 

▼関連記事

pleasure.hatenablog.com

 

そこで今回は、

  • 1度やめた投資信託を再開した理由
  • 結局初心者はどの投資信託を買えばいいか?

について記載したいと思います。

 

 

 

そもそもなんで投資信託をやめた?

f:id:otsuyu25:20180729223011j:plain

 

私は投資信託をやめた理由は下記2点です。

 

  • 効率が悪いから
  • 自分の資産は自分で運用したいから

 

私は月3万円を1年2ヶ月間積立投資をしました。

 

元本(収益を生む元となる資産)は42万円で、運用収益は2万円でした。運用リターン率(年利)でいうと約12%です。

 

私はこの結果に「効率が悪い!(゚Д゚)」と思っていましたが、後になって理想的な数字であることに気がつきました←

 

また、自分の資産は自分で運用したいという思いもあったため、積立投資で積み立てた資金で株式投資を始めました。

 

 

 

 

1度やめた投資信託を再開した理由

f:id:otsuyu25:20180729225819j:plain

 

1度やめた投資信託を再開した理由はリスク分散です。

 

現在投資信託で積み立てた元本で株式投資をしています。

 

今後も本業で得た収入をどんどん投資に回していくつもりですが、私が失敗して元本を全て失う可能性があるため、投資先を分散しようと考えました。

 

そして今後は、

  • 株式投資の利益の一部を投資信託に回す
  • 欲しい優待株があり、買付可能額が足りなかったら投資信託の利益の一部を株式投資に回す

という感じで柔軟な投資をしたいと考えてます。

 

 

初心者が買うべき投資信託は?

f:id:otsuyu25:20180729232036j:plain

 

投資信託の手数料として主に下記2つがあります。

  • 買付手数料
  • ファンドの管理費用 

 

買付手数料とは、私たちが投資信託を買う際に販売会社に支払う手数料のことです。

毎月コツコツ積み立てを考えているのであれば、買付手数料は気にしたいところです。

 

もう1つのファンドの管理費用とは、ファンドの運用や管理にかかる費用として積立金額の中から販売会社に支払う費用のことです。

例えば、ファンドの管理費用が1%で積立金額が100万円だとすると、毎年1万円の費用を支払うことになります。

 

そのため、初めて投資信託を買う方は上記の2つの手数料が少ないファンドを購入することをオススメします。

 

ちなみに私が投資信託再開に伴い、積立注文したファンドは下記2つです。

  • ニッセイ日経225インデックスファンド(国内株式)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(海外株式)

 

この2つのファンドはどちらも買付手数料が0円(ノーロード)で、ファンドの管理費用は0.3%以下です。

 

「この投資信託を買えば絶対稼ぐことができる!」というのは全く分からないため、とにかく手数料が少ないファンドを選択した方が良いです!(゚Д゚)

 

 

 

 

毎月いくらずつ積立投資する?

f:id:otsuyu25:20180729234444j:plain

 

私は去年から1年以上にわたり月3万円ずつ積立投資をしましたが、本業がスーパー安月給なので正直きつかったです。

 

そのため、今度からは毎月1万円ずつ積み立てることにしました笑

 

積立配分はニッセイ日経225インデックスファンドに月5,000円、ニッセイ外国株式インデックスファンドに月5,000円で半々ずつ購入していきます。

 

余裕があれば楽天スーパーポイントから少し投資に回したり、ボーナス時に投資額を増やしたりしていき、あくまで投資信託は無理のない程度に運営していくつもりです。

 

では_(:3」∠)_

 

 

▼関連記事

pleasure.hatenablog.com