物見遊山

見て知り、気ままに学ぶ。そんな日々を大切にしたい

【写真好き必見】Selpy(セルピー)でカメラロールの写真を販売してお小遣い稼ぎ!

 

どうも、おつゆです。

 

私はカメラで写真を撮影することが趣味で、休日になると初ボーナスで購入したニコンの一眼レフを片手に旅行や散歩に出かけています。

 

▼愛用カメラ

 

私はこの「写真を撮る」という趣味で、

  • お小遣いを稼ぐことはできないか
  • 月1万円以上稼げる副業にできないか

と常に考えていたところ「Selpy(セルピー)」という写真販売ができるアプリと出会うことができました。

 

今回はそのSelpyのご紹介をしたいと思います。

 

 

 

趣味でお金を稼ぐことはできるか?

f:id:otsuyu25:20180624233856j:plain

 

趣味でお金を稼ぐことができたら幸せですよね!(゚Д゚)

 

私はこれまで「写真を撮る」という趣味でお金を稼ぎたいと考え、ストックフォトに挑戦をしたことがあります。

 

ストックフォトを簡単に説明すると撮影した写真を出品し、その写真をメディアや広告代理店、その他一般の方が購入することで収益が発生する仕組みです。

 

有名どころとして、

  • PIXTA(ピクスタ)
  • fotolia(フォトリア)
  • shutterstock(シャッターストック)
  • iStockphoto(ゲッティイメージズ)
  • Snapmart(スナップマート)

が挙げられます。

 

私はこの中でPIXTAとfotolia、Snapmartに挑戦をしましたが見事に挫折しました…。

 

 

 

 

ストックフォトで稼げない理由

f:id:otsuyu25:20180625000636j:plain

 

ストックフォトで稼げない理由として

  1. 初心者が参入しにくい
  2. 審査が厳しく効率が悪い
  3. 無料で提供している良質な写真素材がある

の3つが考えられます。

 

1.初心者が参入しにくい

ストックフォトには数千万点の写真が出品されており、これから参入するとなると根気よく出品数を増やす必要があります。

 

また、アマチュアだけでなくプロの方も同じ価格で写真を販売しているため、高いクオリティも求められます。

 

収入が発生するまで諦めずにコツコツ作業を続ける必要があり、楽しいはずの趣味が憂鬱になってしまう可能性があります。

 

2.審査が厳しく効率が悪い

PIXTA等のストックフォトは審査がとても厳しいです。

 

そのため、せっかく撮影した写真が審査を通過できずに出品できないこともあります。

 

自分的にはいい写真が撮れたと思っていても、それを誰かに拒否されるとモチベーションの維持がなかなか困難になります。

 

プロカメラマンの方は審査が厳しくても簡単に通過できると思いますが、アマチュアの方にとっては間違いなくネックになります。

 

私の時は10作品審査に出して5作品くらいしか審査に通過できませんでした…_(:3」∠)_

 

3.無料で提供している良質な写真素材がある

現在はお金を払わなくても良質な写真素材を提供しているところがあります。

 

例えば「ぱくたそ」です。

www.pakutaso.com

 

ぱくたそでは高品質/高画質のフリー素材・無料写真を提供しており、私もブログを運営するにあたって利用させていただいております。

 

このように最近は無料で写真を提供しているところもあるため、写真を有料で購入しようと考える方はどんどん減っていると考えられます。

 

それでも写真でお金を稼ぎたい!

f:id:otsuyu25:20180624231336j:image

 

趣味の「写真を撮る」でどうしてもお金を稼ぎたいと考えて必死にネットで調べていると、あるアプリに出会いました。

 

それが「Selpy(セルピー)」です。

 

Selpyの説明は下記の通りです。

Selpy(セルピー)は、有名人ではなく一般の消費者によるSNS上での発信を効果的に促す事を目的とし、消費者自身がマイクロ・インフルエンサーとして活躍できる次世代マーケティングプラットフォームです。インフルエンサーの動員・育成を両立しているスキームによって、質・量ともにお約束した形で、企業の集客・ブランディングを支援いたします。Selpyではリクエストを出稿いただける企業様を随時募集をしております。 

引用:Selpy(セルピー) | あなたの日常には価値がある

 

Selpyでは様々な出品リクエストがあり、そのリクエストに応じた写真をカメラロールで探して出品することでお金を稼ぐことができます

普通に出品した場合は1作品につき5〜50円ほどの収益ですが、SNSと連動させることで200円以上の収益を得られるようになります。

 

つまり、TwitterやInstagram、Facebookのアカウント所持していれば大きな収益を得られることができます。

 

ちなみに私もカメラロールにある写真を投稿してみたところ、早速600円稼ぐことができました。

f:id:otsuyu25:20180701182411j:image

 

PIXTA等のストックフォトで全く稼げなかった私でも1週間で600円の収益を得ることができたので、アマチュアカメラマンにはオススメの副業と言えます。

 

 

 

 

最後に

f:id:otsuyu25:20180609215643j:plain

 

Selpyとの出会いは「大好きな趣味でお金を稼ぐことができるんだ!」という希望になりました。

 

現在はスマホの普及とともに仕事や副業の幅が大きく広がりつつあるため、もし趣味を活かして稼げないか?を考えている方は視野を広げて調べることをお勧めします。

 

なにかしらあなたに合った手段が見つかるはずです!

 

では_(:3」∠)_