物見遊山

見て知り、気ままに学ぶ。そんな日々を大切にしたい

「フリーター」からの脱出は難しくても「ニート」からの脱出は簡単じゃないのか?というか存在するのか?

 

あなたの身近に「ニート」はいますか?

 

私の身近には1人もいません

そのため、本当にニートが存在しているのか実感が湧きません。

 

そこで今回は、

  • 改めて「ニート」って何?
  • ニートの人口はどれくらいか
  • 自分がニートだったらどうするか

について記載したいと思います。

 

 

 

ニートってどういう人?

f:id:otsuyu25:20180515221148j:plain

 

ニート」とは、 15歳~34歳までの就業や通学、家事をせず、職業訓練も受けていない人のことを言います。

 

就業や通学はともかく、家事はだれでもできるため、この条件だとむしろニートでいる方が難しいのでは?と思ってしまいます(‾・ω・‾)

 

また、35歳以上はニートじゃないのか?という疑問も生まれます。

 

調べてみると35歳以上は「中年ニート」「高齢ニート」などの言葉で表されていました。

 

調べれば調べるほど「ニートって本当に存在するの?」と疑問が生まれます。

 

 

 

 

ニートの人口はどれくらいか

f:id:otsuyu25:20180515224932j:plain

 

平成29年版子供・若者白書に記載されている若年無業者数は下図の通りです。

 

▼内閣府(第2節 困難な状況ごとの取組)

f:id:otsuyu25:20180515225619p:plain

 

▼ソースリンク

平成29年版 子供・若者白書(全体版)(PDF版) - 内閣府

 

ニートに該当する15歳〜34歳の人口は57万人です。

 

さらに35歳以上の中年・高齢ニートを合わせると一体何万人になってしまうのでしょうか。

 

若年無業者が求職活動をしない理由として、

  • 探したけど見つからなかった
  • 希望する仕事がありそうにない
  • 知識・能力に自信がない

の回答が多いです。

 

そもそも求職活動は見つからなかったと諦めていいものなのか?希望する仕事をしている人の方が少ないのでは?自信なんて働いて経験を積んだ結果得られるものでは?と考えますが・・・。

 

 

いつ無職になるか分からない時代なのも事実

f:id:otsuyu25:20180503150728j:plain

 

上場企業に勤めているからといって、生涯安泰かと言うとそうではない時代なのも事実です。

 

  • いきなり会社をクビになった
  • いきなり会社が倒産した
  • 心身ともに疲れて会社を退職した

 

また、今勤めている会社よりも給料や休暇が多い会社に転職しようとしたが失敗した等全く他人事ではありません。

 

いつ何があっても対応できるように、また切り替えができるように常に新しいことに挑戦して能力を高めていく必要があります

 

 

もし自分がニートになったら

f:id:otsuyu25:20180505004624j:plain

 

もし私がいきなり職を失ってニートになってしまっても「両親にだけは何があっても迷惑をかけないこと」を心がけます。

 

学生のうちはいいと思いますが、成人を超えて親に面倒を見てもらうのは流石に恥ずかしいです。

 

そのため、すぐに求職活動をし、再就職が難しそうな場合はバイトをして食費だけでも自分で払えるようにやりくりします。

 

……とこの時点で「ニート」から「フリーター」に変わっています。

 

やはり「ニート」からの脱出は簡単です

 

 

 

 

人として生きるためには束縛が必要

f:id:otsuyu25:20180512213334j:plain

 

人として生きていくためには束縛が必要です。

 

例えば小学生の場合、

  • 8時30分までに学校に到着し、着席
  • 8時30分〜8時50分 読書タイム
  • 8時50分〜9時00分 朝会
  • 9時00分〜9時50分 国語の授業
  • 9時50分〜10時00分 休憩
  • 10時00分〜10時50分 数学の授業

と時間を束縛されています。

 

束縛と聞くとマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、束縛されることにより生活にメリハリと目標が生まれます

 

職を失ってある程度の期間は自由に過ごすのもありですが、その後は求職活動やバイト、その他自己啓発で時間を束縛すべきだと考えます。

 

 

どうしても働けない人はどうすればいいのか?

f:id:otsuyu25:20180517215744j:plain

 

どんどん新しいネットワークビジネスが生まれている昨今、既存の企業に就職することだけが「働く」ことではありません。

 

そこで私がオススメしたいのがブログです。

 

▼関連記事

pleasure.hatenablog.com

 

例えばアニメが好きで、現在放送されている「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」を毎週見ているとします。

 

アニメを見終わって「楽しかったぁ(゚∀゚ )」の一言で終わってしまうのは勿体なく、

  • 第◯話を見ての感想・レビュー
  • 第◯話の展開予想・ネタバレ
  • animateでGGOグッズを購入・使ってみての感想 

の記事を書いて、ただアニメを見て終わらない、ただグッズを買って終わらないようにします。

 

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

 

自分の感想や意見を述べられるメディアを持っておくことはストレス解消に繋がりますし、高額ではなくてもそれでお金を稼げるためメリットはたくさんあると考えます。

 

会社に勤めたり、人と接したりすることだけが仕事ではありません!

 

 

近所の農家の手伝いをしてみたい

f:id:otsuyu25:20180517233140j:plain

 

「私が職を失った際、求職活動とバイト以外だったら何をするか?」を考えた際に思いついたのが近所の農家のお手伝いです。

 

昔から自分の畑を持つことが夢でした。

(トトロの影響。とうもろこしやキュウリのシーン)

 

理想の流れは、

  1. 農家のお手伝いさん募集があればエントリー
  2. なければ片っ端から農家の方に声をかけて手伝わせてもらう
  3. ひたすら経験を積む
  4. 自分の畑をもつ
  5. 農家として人生再スタート

です。

 

2.の「手伝わせてもらう」は経験を積ませていただく身なので見返りを求めず、無給で直向きに手伝わせていただきたいと考えています。

 

農業も高齢化や人手不足の問題があるため、手伝いたい(無給で)という若者がきたら受け入れてくれると考えています。

たとえ断られたとしても、根気よく複数箇所に声をかければどこかしらは引っかかるはず。。。

 

そうすることで、自分の畑を持った時にこれまで培ってきた経験を活かすことができます。

 

また、運が良ければ「このスペースの畑を自由に使っていいよ」「後継者がいないからお前にあげるよ」と声がかかる可能性も無きにしも非ず_(:3」∠)_

 

 

最後に

f:id:otsuyu25:20180517235521j:plain

 

「自分は何のために生まれてきたのか?」

 

これを見つけるのは自分自身。誰かが定義してくれるものではありません。

 

働かないのも「自分の責任」

時間を無駄にするのも「自分の責任」

行動しないのも「自分の責任」

結局全部「自分の責任」

 

誰かに迷惑をかけるのはもってのほかです。

 

あなたの好きなことはなんですか?それをビジネスに繋げられませんか?

 

失敗した時のリスクを考えずにとりあえず行動してみることが「ニート」からの脱出する近道だと考えます!

 

では_(:3」∠)_